ヘノブファクトリー

サイト育成

ヘノブファクトリー

働き方改革実践中!宮古島のサイト育成リモート(テレワーク)社員、初めて東京の社長・スタッフに会うの巻 -後編-

ども、ヘノブファクトリーの正社員、沖縄県宮古島在住のLAYSANこと中澤です。

CSS Niteに登壇する社長と仲間達に逢いに宮古島→神保町へ。宮古島のリモートおっさん社員は、社長に無事逢えるのか?!そんなドキドキ上京ツアーの模様-後編-をお送ります。

▼前編はコチラ▼

 

生麦・生米・生社長

CSS Niteに初登壇した、株式会社ヘノブファクトリーのスピーカー2人を見て思ったのが、なぜかこのフレーズだった。

生だ。ついに、社長の肉声を聞き、いつもSkype越しに顔しか見えない社長の、全身を観た。

Skypeの中では顔しかないが、神保町のCSS Niteのステージ上でみた社長はたしかに二足歩行していた。

CSS Nite初出演という緊張の中、身振り手振りと素敵な笑顔を交えながら、いつものSkype越しに聞こえてくるあの声はそのままに、しっかりクビを振り、時折り自社のスタッフに笑顔を振りまき、まさに躍動していた。

 

『おー、社長が、、、動いてる。喋ってる・・・」

 

おそらく、あの会場の中で、こんな不思議な感情で彼女を見ていたのは、自分だけだったに違いない。

なにせ、ヘノブファクトリーのメンバーの中でも、唯一の”社長と初対面”だったのだから。

 

▼ヘノブファクトリー社員=ヘノバ―▼
(CSS-Niteの名司会者でもお馴染み、株式会社スイッチの鷹野氏より命名)

さらに、ヘノブファクトリーのパート内で、社長が自社のリモート採用について説明し、

「今日この会場にも、宮古島・熊本・愛媛・神戸からリモートスタッフが来てまして、なんと初めて逢う社員もいるんですー♪」

なんて紹介したもんで、司会者から「えー!?どちらにいらっしゃいますかー?」などと挙手を求められ、おっさん、なかなか照れるはめに。

そんなこんなで、いろんな感情が頭の中を駆け巡り、内容などよく覚えていない。

冗談です。ヘノブファクトリーのプレゼン内容については、自社メディア「webマーケティングラボ」にて徹底してご案内予定ですので、webサイトの効果を上げたいwebショップのオーナーや経営者の皆様、企業のweb担当者様、ぜひぜひご覧ください。

 

▼webマーケティングラボはコチラ▼

乾杯と暴飲暴食

その後、登壇スピーチを終えた社長と会場を出たロビーでご対面。固い握手をした。

ようやく、逢えた。Skypeじゃなくて、生だ。リアルだ。

 

入社5か月目にして、ようやくだ。

あっと言う間の5か月だったけど。

 

で、さっそくみんなで予約していた居酒屋へGO。

乾杯はもちろん生ビール!

よくあるニッポンの会社呑み会の一幕と思うなかれ。

この画像、この通り”とても貴重”なのです。

そう、SkypeやZOOMやChatworkやSlack以外でリアルに逢えるのは、次はいつになることやら。

今回宿泊費用も往復の飛行機代も会社が持ってくれたのですが、業績が良ければ次回は年末の大掃除時?なんて噂も。。。また近いうちに、こんな旨い酒を浴びるほど呑みに、ニッポンの何処かに集まりたいものです。

 

そうそう、いつもはオリオンビール、しかも、家では青のオリオンでお馴染みの発泡酒「サザンスター」ばかり飲んでる我が身ですが、この夜ばかりは、大好きなMANAMIさんに「すまん!」と手を合わせつつ、サントリーモルツの生を数え切れないくらい飲み干しました。

オリオンビール株式会社へのお詫びの印に、元サザンスターCMソングのPV by MANAMIさんをどうぞ。

 

 

このPV、僕が最初に移り住んだ想い出の鳩間島も映ってて、大好きな名曲「鳩間の港」でお馴染みの加治工勇さんもライブを行った幻のバラス島での貴重な映像なのです。

 

そうそう、バラス島へは、是非、石垣島でも、西表島でもなく、鳩間島へ宿泊の上、最高のタイミングで行ってください。美しい光景があなたの角膜に刻まれること間違いなし。

 

というわけで、その後は、ランチで我慢した分、食べました。宮古島では食せない一筋縄ではいかない創作料理の数々を。。

●●牡蠣の〇〇風●●クリームと〇〇添えの●●固め(みたいな)

なんだかとてつもなく美味い肉片の無造作レンゲ載せのイクラとか●●な花びら添え(みたいな)

今回、利用させて頂いたハッピーだったお店はコチラ

▼Mr.Happy(ミスターハッピー)▼

 

そうそう、このタイミングでみんなに宮古島のおみやげを渡しました。

 

宮古島みやげは・・・

本当は宮古島が誇る美味しすぎる果物、しかも有機栽培のモノ凄く甘いのに後味スッキリ、こんなうめーもんが世の中にあったのかよ!と叫ぶ人類続出な「宮古島マンゴー」を事務所に送りつけようと思ったのに、まさかの会社集合ではなくイベント会場に現地集合になってしまったので、マンゴーサプライズは不可能に。

で、ここは最近Myブームになっている巷でも「旨すぎる!」と話題の宮古島みやげ、とみやま商店の「宮古島 島唐辛子ぱりぱり煎餅」を持参しようかと思ったのだが、

イベント後はみんなで夜の街に繰り出すことになっていて、イベント資料だのノートパソコンだの大量の荷物を背負ってる社長に、「これみんなで食べてください」って渡しても荷物になるだろー!ってことで今回はあえなく却下。

ということで、宮古空港で迷ったあげく、これに決定。社員全員分買った。
デザインマッチ、宮古島まもる君ミニステッカー。

 

 

パソコンに貼ると、
「作業がスムーズになる(はず)」
「ウイルスが来づらくなる(はず)」
「不具合が減る(はず)」
という当方の勝手な触れ込み付きでw

これがスマホやノートパソコンに非常においしいサイズ。後日、「早速PCに貼ってマス!」という勇気ある同僚も。

慌てて自分も貼りました。

改行するたびに見守られてる感が、かなり強い。

 

▼宮古島まもる君について詳しくはコチラ▼

終わらない夜

約5か月ほど一緒に働いてきたけど、はじめて逢う会社の仲間という不思議な関係なみんなと、その後はもう内容なんてよく覚えてないくらい話したり聞いたり笑ったり。あっと言う間に時間は過ぎて、お開きに。全然時間が足りないー。

古本屋街だった名残りをあちこちに残す懐かしい神保町の街をあとにして、新宿の花園神社へみんなでこんな夜にお参りして商売繁盛を祈願したり。

その後はゴールデン街へ移動。

そこは昔ながらのゴールデン街ならではの”あの雰囲気”を持つ店もまだまだありつつも、ソウルフルな海外の兄ちゃん達の呼び込みが蔓延る、半ば「ココはもはや六本木ですか?」と言わんばかりのヒップでホップな雰囲気も満ちていてちょっとびっくり。

 

▼あるんです、ゴールデン街のホームページ▼

 

社長の行き付けの店も週末でゴッタ返しており、仕方なくさらに移動。。。その後はもう新宿の何処をどう歩いたかもわかりませんが、暗闇の中を潜り抜け、いつのまにか超怪しい中華料理屋へ。

怪しい人形に見つめられながら食す絶品本格中華。壁にギッシリと貼られた年季の入ったそのメニュー数は実に600を超えるという。そして、どれを食べても很好吃(ヘンハオツー:やっばウマこれの意)

▼上海小吃▼

 

こんな素敵なお店で粋な本格中華をつまみに深夜まで盛り上がり、やがて、宿へと帰路に着く者(←コレ自分)、〇〇BARとやらへ向かう者、帰るフリして歌舞伎町へ舞い降りたであろう者など、それぞれが酔いに任せて幸せな夜の新宿の深い霧(闇ではない)の奥へと消えて行ったのでした。。。

ちなみに、この素敵なお店までの行き方紹介動画が世間にアップされてましたのでご紹介しておこう。

 

▼お店への行き方▼

 

 

 

まとめ

短い東京滞在でしたが、沖縄の宮古島という離島住まいのリモート在宅社員な自分にとっては、それはそれは貴重で濃い時間を過ごさせて頂きました。次はいつみんなと逢えるのかな。。。また社長と逢う日は訪れるのか!スタッフ全員集結するのは今度はいつなのか!?!?

 

全国リモート採用を推進し「ニッポンの働き方改革」を”本気“で”超実践“している株式会社ヘノブファクトリーの今後に、是非ご注目ください。

 

 

ヘノブファクトリーの主軸サービス「サイト育成」についてはコチラ

全国のweb担必見ツール「ウェブお手伝いさんレポート」はコチラ

CSS NIteのレポート詳細も掲載予定「webマーケティングラボ」はコチラ

 

▼前編はコチラ▼

 

 

 

サイト運営のご相談や、新規サイト制作のお見積りなど、
お気軽にお問い合わせください。

サイト運営のご相談・お見積り

この記事が良かったら、シェアしてください!
最新情報をお届けします!